キャビテーションエステと美容外科の違いとは

美容における痩身法として、比較的新しい施術にキャビテーションエステがあります。キャビテーションは、本来、圧力差を利用することで液体の中に真空の気泡が発生する現象を意味します。施術では、超音波を脂肪細胞に当てることで脂肪を溶かし、同時に細胞内の気泡がはじける力で脂肪細胞を壊し効果を得ることができるようになります。キャビテーション後は3~4日間は脂肪が解けたままの状態となり、この期間は脂肪や燃えやすいために有酸素運動をや食事に気を付けることでダイエット効果を高めることが可能となります。
現在、施術は、キャビテーションエステと美容外科で受けることができます。どちらにおいても基本的原理は同じ内容となり、申込ではどちらで行えば良いのか迷うことになりますが、ここでは、双方の違いを理解した上で判断をすることが大切になります。
まず、大きな違いは、キャビテーションエステでは、施術は、民間資格を有するエスティシャンが行います。一方美容外科では国家試験による医師免許を有する医師が行うことになります。2つ目の違いとしては、施術そのものに対するスタンスがあり、キャビテーションエステでは美容行為の1つとして捉え、あくまでも美しさを追求する手段として施術を行います。美容外科では、医療行為の1つとして施術を行っており、そのために利用者は患者として対応が行われます。
使用される機器の出力も異なることから、エステではある程度の期間を設けて施術を行うのに対して、美容外科kの場合には短い期間で確実な結果を求めることになります。そのために美容外科ではダウンタイムを考慮する必要があり、料金面においてもエステに比べ高い内容となっています。